MBSライブエンターテインメントは演劇・コンサート・演芸・伝統芸能・パフォーマンスなどいまそこで“生(ライブ)”で触れられる感動をお客様にお届けします。

2024年春にJR大阪駅前にオープンする新劇場をスタートとして、
日本中から、世界中から活き活きとした話題の作品を集めお届けし、
また関西ならではのエンターテインメントを地元の皆さまと共に創り
発信することに邁進します。

いかに時代が変化しても、ライブの感動には人生を変える力があることを信じて
ライブ=ライフをモットーに新時代のエンターテインメントを創出する会社です。

新着情報

2021.10.28
ホームページを公開しました

企業理念

mission

使命
劇場でしか体感できない
『超感動体験』を提供する
わざわざ劇場にまで足を運んで観る意味を追い求めます。
テレビやネットでは味わえないリアルな感動を実現するために
関西に超一流のエンターテインメントをお届けします。

vision

志
お客様に感動と幸福な時間を届けるために
日々創造し、情熱を注ぎ続ける
お客様はライブ空間を共有する“パートナー”、双方向の関係。
他社や地域と連携して新しい価値を生み出します。
「競争」ではなく「共創」する企業になります。

way

行動指針
観客の皆様をパートナーとして、対話しながら新しい価値を
共創していきます。
快適かつ安心して舞台を楽しめるよう、
おもてなしと安全を追求します。
社会の変化に対応し、劇場文化の未来を担う人材を育成していきます。

劇場紹介

当社が運営する新劇場は2024年春、JR大阪駅前の再開発計画の一環として誕生します。
西日本一のターミナルの直近という好立地に加え、大がかりで複雑な公演からシンプルでミニマムな作品まで対応可能な、最新のフレキシブルな設備を備えています。
また、舞台・客席・楽屋の隅々まで使いやすさにこだわり抜いた設計です。
ここから日本中、世界中の話題作を発信していきます。

外観

再開発計画概要

  • 都市中枢・商業サービス・文化集客・宿泊機能を提供して大阪のビジネス・賑わいの創出・活性化を図るため、大阪中央郵便局・アクティ西ビル・大弘ビルの跡地を一体開発。

    このエリアは2023年に「JRうめきた(大阪)地下駅」、2024年「うめきた2期」の街開きと、大規模再開発がめまぐるしいエリアです。
    2025年万博やIR構想に期待感が高まる大阪で、ますます都市機能が集積する “キタ(梅田)”の中でも超一等地=西日本一の立地です。

    計画名
    梅田3丁目計画(仮称)
    敷地
    約1万2920 ㎡
    延べ面積
    約22万7000 ㎡
    高さ
    約188m
    地上39階・地下3階・塔屋2階
    用途
    事務所・商業施設・ホテル・劇場
    事業者
    日本郵便(株)・西日本旅客鉄道(株)・大阪ターミナルビル(株)・(株)JTB
  • 建設予定地

劇場概要

  • 位置
    西側中層部5~8階部分
    舞台
    プロセニアム形式
    舞台中心部分はユニット組床式で、奈落使用可。
    オーケストラピット、サイド花道あり。
    舞台間口
    12.7m(7間)~14.5m(8間)可動
    開口高
    9.1m(30尺)
    奥行き
    16.1m(約9間)
    スノコ高
    22.0m(約73尺)
    バトン
    美術用42本 照明用8本
    (別途客席上バトンあり)
    客席
    2層式 約1300席
    ※オケピ使用時は約90席減

    ※時期・スペック・デザイン等変更になる可能性があります。
    ※劇場利用規約に関しては詳細が決定次第、随時このホームページでお知らせいたします。

  • 内観

企業情報

社名
株式会社MBSライブエンターテインメント
株主資本
資本金1000万円
(株式会社MBSメディアホールディングス100%出資)
設立
2021年4月30日
代表取締役社長
松本圭司
所在地
〒530-8304 大阪市北区茶屋町17番1号

キャリア採用

このページにて随時お知らせします。